夏の空模様

NICT-情報通信研究機構(https://www.nict.go.jp)では電離層の状態を観測していて 当日の電離層の状態をほぼリアルタイムで公開しています。

電離層観測の位置は稚内(北海道) 国分寺(東京) 山川(鹿児島県) 沖縄(沖縄県)の4か所です。大規模な場合日本全国を覆う状態になりますが、スポラディックE層(→以降Es)は 西から東方向へ発生することが知られており沖縄(沖縄県)→山川(鹿児島県)→ 国分寺(東京)→ 稚内(北海道)の順番になる場合が多いようです。

 発表されたグラフをみると どの地域でどの規模のEsが発生したかが確認できるため、「沖縄でEsが発生した!東方向へ広がる!」と予想できるのです。Esの反射は地表から発射された電波が一種鏡のようになり、もう一度地表へ届くという現象のため。東京上空にEsが発生しても東京の局は何の恩恵も受けませんもし東京の上空にEsが発生していた場合 4エリア⇔7エリアというような伝搬路ができます 同様に大阪の上空にEsが発生すると1エリア⇔6エリアというような伝搬路ができます

 タイミングさえつかめばまさに遠距離交信のチャンスというわけです。発生頻度発生頻度は7月ー8月がもっとも多く、それ以降はなくなるという非常に極端なものです

 またEsが楽しめるのは、28MHz帯 50MHz帯が多いのですが、年に数回(数時間)ではありますが、非常に濃い(密度の高い)Esが発生する場合もあり、145MHz帯で1000kmを超えるQSOが可能になる場合もあります。どの場合もチャンスは少ないため、夏場は常時ワッチが大切です。

季節の変化にご注意を

雷が聞こえてそれまでの暑さが ウソのように涼しくなる。

 そう夕立です急に発達した積乱雲が原因で、雷、突風、雹(ひょう)など無線家にとって困った現象でもあります。 

 雷は電気現象であることはみなさんもう御存じでしょう。その威力はすさまじく稲妻を直接受けるとアルミニウムでできたアンテナは溶けてなくなり、同軸ケーブルを伝ってきた電気は、無線機をも壊します。

 直雷を受けなくても電源の電線なども高い電圧が伝わってきて、近くへの落雷は、電気利用の製品にはおおきな被害が出ることがあります。被害をくいとめるためには家電製品の場合□アンテナの無線機から抜く□電源をACラインから抜くこの2点です。

 アンテナの同軸は無線機から外してできれば屋外に出しておくのがいいかもしれません。これらの対処は実際に雷が鳴りだしてからするのではなく。雷が鳴り出しそうな気象状況をつかんで対処します。例をあげれば○突然空が暗くなる○気温が急激にさがるなどです。もし移動先でこのような現象にであったら建物中や自動車など、電気的に安全な場所に迷わず避難しましょう。安全に無線を楽しむ。とても重要です

JARL第10回定時社員総会を開催!

  令和3年6月27日(日)に、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)の、第10回定時社員総会が、東京都新宿区のベルサール西新宿にて開催されました。 今年も、新型コロナウイルス感染症の感染が拡大する中、3密を避けてソーシャルディスタンスの確保など、感染防止策を施しての開催となりました。 JARL第10回定時社員総会の開催速報は下記をご覧ください。

https://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/News2021/2021_news-6.htm#0629

JARLより会員の皆様へのお知らせ

当連盟の一部会員による連盟に対する批判活動について

日本アマチュア無線連盟より、会員の皆様にお知らせが発信されました。 昨今、当連盟の現執行部に強い不満を抱く一部の会員らが、現執行部を打倒すべく様々な批判的活動を行っております。

 現執行部を打倒せんとする思いが強すぎるあまりか、法令違反行為や名誉棄損行為、虚偽の事実を流布する行為等々、行き過ぎた手段に及ぶケースが発生しており、当連盟の外部関係者からもクレームが多数寄せられる事態に陥っております。

 法令違反行為等の看過し難い活動については既に弁護士等に相談しながら適切な措置を講じさせていただいており、今後も毅然とした態度で臨む所存であることをここに表明させていただくとともに、彼らの主張の中で特に誤解を与えかねない点につきましては、この場を借りて説明させていただきたいと思います。

JARLより会員の皆様へのお知らせ

https://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/2-5_info/info2021.html

スポラディックE層

初夏から秋口までHF-VHFまで「スポラディックE層」という現象が発生します。
地球をとりまく電離層の組成が変化して、より遠くと交信ができるという現象です。

コロナ禍で自宅時間が増えたという方もいらっしゃると思います。

特に50MHz帯ではこの現象に遭遇すると、
1,000km以上の遠距離との交信が可能になることから,
この現象・コンディションを狙ってワッチを続けている方もいらっしゃいます。

日本では145MHz帯までのアマチュアバンドまでが「スポラディックE層」の恩恵を受けられます。
この「スポラディックE層」は多くの場合、
発生から収束まで1〜2時間という短時間となています。

この時間の間にめまぐるしく状態が変化して、交信が不能になるということが多いようですが、
これから夏前にかけては、長時間発生することもあります。
朝から夕方まで1日中発生し続け、バンド内が大変賑やかになります。
俗に、お祭り騒ぎなどとも表現されてるようです。

この「スポラディックE層」を早期に発見するにはワッチです。
伝搬経路が変化するために、バンド中不規則な揺らぎが見られるようになります。

バンドスコープなどをご活用の場合、バンドスパンを10MHz程度とりバンド中を眺めていると、
普段は何ももないところにノイズのようなものが不規則に見えるようになります。
またバンド内にオンエアする局も多くなるためFM局などが20KHzステップにならんでくるのが
見えるようになります。

これからの季節、賑やかなコンディション、感動との遭遇をお楽しみください。

第一級及び第二級アマチュア無線技士 国家試験のご案内

第一級及び第二級アマチュア無線技士の国家試験をご案内させていただきます。 現在、コロナウイルス感染症での新しい生活を強いられる中、 リモートワークや時短勤務などにより、時間が取れる方もいらっしゃるかもしれません。

せっかくの時間を、このままコロナに奪われるのではなく、 あたらしい資格にチャレンジする時間に変えてみませんか? ハイパワーにチャレンジするのも・・ 電信や新たなモードにチャレンジするのも・・ そして海外局が多く聞こえる憧れの14MHzにオンエアするのも・・ まだ見ぬ友人が待っているかもしれません。

あなたの無線ライフにあたらしい世界が広がります。 第一級アマチュア無線技士及び第二級アマチュア無線技士の、 令和3年9月期の国家試験は、

令和3年7月1日(金)から20日(水)まで、 同じく令和3年12月期の国家試験は、 令和3年10月1日(金)から20日(水)までの期間、申請を受け付けます。 詳細については日本無線協会のHPをご確認ください。

総務省データから見るアマチュア無線局

アマチュア無線局は、1995年3月には136万局に達しましたが、そこから減少し、現在は約38万局となっています。 約25年間で約100万局が廃局してしまった計算になります。 と言うことは、アマチュア無線を経験された方、有資格者の方が100万人いらっしゃるとも言えます。 ご近所に 「昔、アマチュア無線やってたんだよね~」 とか、 「無線機まだ持っているよ」 という方がいらっしゃるかもしれません。 もしそういう方がいらっしゃったら、 昔、お持ちになっていたコールサインの復活制度のお話などをお伝えください。 また、無線の免許証を無くしてしまった方には、 免許証は一生有効であることをお伝えいただくと良いかもしれません。 魅力あるアマチュア無線を再開しませんか? アマチュア無線局数の減少に歯止めを!

お詫びと訂正

JARLサイトのニュースを多くの皆様に広く周知するために記事を掲載しましたが, 配慮が足りない部分がありましたので一部の記事を削除しました. また,制作の過程で誤って画像を取違えたので,正しい画像を再掲載しました. 関係の皆様にお詫びして訂正いたします.

「CQ ham radio」通巻900号

CQ出版社はアマチュア無線界で唯一の月刊誌です。 2021年6月号を5月19日(水)に発売されます。同誌は1946(昭和21)年9月号の創刊で今号は記念号となります。特集は「原点回帰 モールス通信を楽しもう」 。別冊付録として「CQ ham radio バックナンバーで振り返る75年」がつきます。価格は990円(税込)。