総務省がアマチュア無線のルールについてPR動画を公開

https://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/News2022/News%20Frameset.htm 2022/12/28)

 総務省は「アマチュア無線 ルールを守って たのCQ!」をキャッチフレーズに、アマチュア無線のルールについてのPR動画を公式チャンネルに公開されています。
 動画は「必要なモノ編」「仕事に使えません編」など4種類あり、ア
マチュア無線を楽しむ上で守るべきルールを「デンパ君」とともにクイズ形式で学べる内容となっています。ぜひご覧ください。また、お知り合いの皆さんにもご紹介ください。

https://www.youtube.com/watch?v=8vxuN9jytNk
https://www.youtube.com/watch?v=IwnGIV5vROY
https://www.youtube.com/watch?v=sqvXk8W05Nk
https://www.youtube.com/watch?v=S6sjFAUI0MU

電子申請のおすすめ


https://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/2-2_Regulation/application/denshi_saimen.html

 アマチュア局の電子申請率は現在約66%となっておりますが、総務省は、国全体で進められている「デジタル原則」に沿って申請・届出の原則電子化を目指した様々な取組を進めているとのことで、入力項目も少ない再免許申請については、原則電子化でお願いしたいとのことです。
 会員の皆様にとっても、電子申請をおこなっていただくことで、申請の処理状況が分かる、免許までの期間が短くなるなどのメリットもあります。
 再免許申請は入力項目も少なく、スマートフォン対応で簡単・お得な「電子申請」を利用しましょう。

 なお、今後、総務省では、電子申請の利用者や書面(紙)申請をされた申請者の方などへのアンケートを実施するなどして、より便利で使いやすい電子申請・届出システムとしていくとのことです。

◯アマチュア局の再免許申請は、簡単・お得な電子申請をご利用ください(総務省のホームページ)
https://www.tele.soumu.go.jp/j/others/info/amateur_saimenkyo/index.htm

◯電波利用「電子申請・届出システム Lite」(総務省のホームページ)
https://www.denpa.soumu.go.jp/public2/index.html

QSOパーティ2023

JARLでは1月2日 9時から7日 21時までの132時間、6日間にわたり恒例のQSOパーティを開催しました。
2023年のステッカーの絵柄は、干支の卯(うさぎ)です
JARL制定のサマリーシートとログシートの期限は2023年1月31日まです
JARL会員課あてに書類をお願いいたします。

規約などは
https://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/qp/qsoparty.htm
でご確認ください

QSOパーティ2023

JARLでは1月2日 9時から7日 21時までの132時間、6日間にわたり恒例のQSOパーティを開催します。

 2023年のQSOパーティでは、お年玉特別企画として、 6日間連続して参加いただいたJARL会員の局へ 抽選でJARLオリジナル手ぬぐい100本と、ハンディトランシーバー3台をプレゼントいたします。
6日間連続で参加された局は、忘れずにサマリーシートの 「意見欄」に「連続日交信」と記入してください。

https://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/qp/nyp.htm

1.開催日時
  2023年1月2日09時00分から
         7日21時00分(JST)
2.参加資格
  アマチュア局およびSWL(アマチュア局の電波を
  受信する個人をいう。以下同じ)
3.使用周波数帯
  総務省告示「アマチュア業務に使用する電波の型式
  および周波数の使用区別」によるものとする。
4.参加部門
  アマチュア局 (コードナンバー………30)
  SWL     (コードナンバー………31)
5.交信方法等
 (1) 呼び出し
   電話…CQ NEW YEAR PARTY
   電信…CQ NYP
   *データ、画像、ATV等は、電話や電信に準じる。
 (2) 交換する通報
   RST符号による相手局のシグナルレポート+オペレータの名前
 (3) 国内局:交信(受信)の相手局は、日本国内および国外のアマチュア局。
国外局:交信(受信)の相手局は、日本国内のアマチュア局に限る。
6.交信上の禁止事項
 (1) 総務省告示「アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別」の逸脱
 (2) レピータの使用
7.書類の提出
 (1) 完全な交信局数が20局以上のアマチュア局または完全な受信局数が20局以上の
  SWLは、JARL制定の「サマリーシート」および「ログシート」(またはA4判で同
  形式のもの)を使用し、必要事項を記入して提出すること。
  なお電子ログでの提出はできません。
  *記念ステッカーを希望される方は、郵便番号、住所、氏名を記入して、84円切手を貼った返信用封筒
   を同封してください。
 (2) 提出締切日 2023年1月31日
 (3) 提出先 〒170-8073 東京都豊島区南大塚3-43-1 JARL QSOパーティ係

詳しくは以下のリンクからお願いいたします

https://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/qp/qsoparty.htm

アマチュア無線フェスティバル ハムフェア2023

2023年8月19日(土)・8月20日(日)の2日間、東京都江東区有明の「東京ビッグサイト」南3・4ホールで開催します。

https://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-3_Ham-Fair/2023/Ham-Fair-yoko.htm

【開催趣旨】

 アマチュア無線の健全な発展と技術の向上を図るため、これらに関する展示や催事をおこない、 一般の方々にアマチュア無線について広く紹介するとともに、アマチュア無線家の情報交換と友好を 深めることを目的に開催します。

 今年で45回目の開催となるハムフェアは「さあ行こう!アマチュア無線の新時代」をキャッチ フレーズに、ハムフェア会場でアイボール(Face to Face)によって体験運用や社会貢献活動への 活用などアマチュア無線の「今」を体験していただくことを呼びかけます。

 また、会期中はアマチュア無線を様々な角度から取り上げ、時代や世代を経ても変わらない アマチュア無線、近年新たに誕生した無線のスタイルなどを、楽しみながら正しい運用についての 理解が得られるよう各種の催事をおこないます。

 フェスティバルの会期中や開催準備過程においても、印刷物などにより、マナーの向上を 含め楽しみながら正しい運用についてのPRに努めてまいります。

申込み方法などが決定しましたら随時お知らせいたします。/

ワイヤレス人材育成

電波法施行規則等の一部を改正する省令案等に係る意見募集(アマチュア無線の体験機会や活用機会の拡大及び免許手続の迅速化・制度の簡素合理化等)を令和4年11月17日から同年12月16日の間、意見募集をおこないます。

今回の意見募集の概要は、令和4年1月から開催された「ワイヤレス人材育成のためのアマチュア無線アドバイザリーボード」(当連盟の髙尾会長も構成員として参画)において取りまとめられた提言等をふまえて、ワイヤレス人材育成の裾野を広げるための、アマチュア無線の体験機会や活用機会の拡大、デジタル化の推進、免許手続の迅速化や制度の簡素合理化による申請者の負担軽減や申請処理期間の短縮、行政の効率化等をおこなうための制度改正をおこなう内容です。

https://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/News2022/2022_news-11.htm#1116 https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000567.html

総務省意見募集

お知らせ

■ 総務省が「ワイヤレス人材育成のためのアマチュア無線の活用に関する提言」等に基づき電波法施行規則等の一部を改正する省令案等の制度改正に関する意見募集

 電波法施行規則等の一部を改正する省令案等に係る意見募集(アマチュア無線の体験機会や活用機会の拡大及び免許手続の迅速化・制度の簡素合理化等)を令和4年11月17日から同年12月16日の間、意見募集をおこないます。

 今回の意見募集の概要は、令和4年1月から開催された「ワイヤレス人材育成のためのアマチュア無線アドバイザリーボード」(当連盟の髙尾会長も構成員として参画)において取りまとめられた提言等をふまえて、ワイヤレス人材育成の裾野を広げるための、アマチュア無線の体験機会や活用機会の拡大、デジタル化の推進、免許手続の迅速化や制度の簡素合理化による申請者の負担軽減や申請処理期間の短縮、行政の効率化等をおこなうための制度改正をおこなう内容です。

 詳細については、次のURLを参照ください。
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000567.htm

https://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/News2022/News%20Frameset.htm

申請書用紙変更のお知らせ

無線局免許申請書等の様式が改正

 令和3年12月10日に無線局手続規則で定められている無線局免許申請書等の様式が改正されました。

電波利用 電子申請・届出システムLiteを利用した場合は、システム側で対応しますこれまでと変更ありません

書面により、改正前の申請書等の様式を使用し申請する場合は、「欠格事由」の箇所に手書きで【処分歴なしと記入】の上、ご提出をお願いします。
 
令和4年12月10日からは、改正前の申請書等の様式は使用できなくなりますのでご注意ください。

https://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/News2021/2021_news-12.htm#1210

▽12月10日に改正された無線局免許申請書等の新様式(総務省電波利用ホームページ)
https://www.tele.soumu.go.jp/j/download/proc/index.htm

JARL NEWS 特集&企画ダイジェスト

JARL NEWS 特集&企画ダイジェスト

https://www.jarl.org/Japanese/0_JarlNews/Digest/JARLNEWS_Digest.html

JARL NEWSは会員の皆様にお送りしている 冊子です

ここでは 最新号から過去の「JARL NEWS」の中で、多くの皆様に読んでいただきたい特集&企画ダイジェストをご紹介しています。

読み飛ばしてしまった まだ読んでないよ!と思われる方もぜひご一読お願いいたします。

JARLのホームページでは、各種ご案内 活動報告なども紹介しております。合わせてご覧ください

https://www.jarl.org/

■JARL協力「モールス電鍵 ミニチュアコレクション」発売!


 JARL協力のもと開発された「モールス電鍵ミニチュアコレクション」(カプセルトイ)が発売されています

(発売元:株式会社ケン エレファント)

モールス記号冊子を見ながらキーを押すことで、アマチュア無線を知ら
ない方でも気軽に「モールス通信」を体験することができます。

 手のひらサイズ(約50ミリ)の「モールス電鍵」は、4色のラインナップ。カプセルに入っ
ているためどれが当たるかはお楽しみです。 ぜひ全種類集めてみてください。

・販売価格 : カプセルトイ/1個 500円(税込)

・サイズ(約) : H3.7×W3.4×D5 cm
・素材 : PP、ABS、電池・販売方法 : カプセルマシン(カプセルトイ
)、ブラインドBOX
・販売場所 : 全国のカプセルトイ売場や雑貨店、
ホビーショップ、一部書店、オンラインショップ、ケンエレスタンド秋葉原店・新橋駅店・
新小岩など


【お問い合わせ先】
株式会社ケンエレファント(企画制作・発売元)
E-Mail:info@kenelephant.co.jp
HP:https://kenelephant.co.jp/