モービル運用

モービルでの手軽な移動もアマチュア無線の楽しみの1つでしょう
無線機とアンテナを装着すれば、そのままオンエアが可能です。
しかしこれからの季節 夏に向かいます

車の内部はとても高温になるので注意が必要です。
「いや まだ5月じゃない 夏までは時間があるから大丈夫だよ」
そんな声が聞こえてきそうですが、太陽の南中角度が 日に日に高くなり、6月にも入ると
日中かなり高い位置から太陽の光を浴びることになります。

走行中はエアコンなどもあり、快適な温度ですが、 直射日光の状態で駐車した場合、車内の温度がグングンと上がりダッシュボードなどは、触れなくなるくらい熱を持つことになります。
こんな場所に物を置き放しにしたら大変です。

直射日光を浴びるのはダッシュボードだけではありません。

モービルトランシーバーなどはダッシュボード近くに設置される場合が多く、過酷な環境には変わりありません。

そんな時に一工夫することで、車内の温度上昇を抑えることができます。
それが 車内で使う シェード(日よけ:カーテン)です。
車内に陽を入れないようにすることで車内を日差しから守ることができます。
 価格も安価ですので、車内の環境保護にはかなり有効です。

セパレートタイプの無線装置を設置している場合、
その操作部はダッシュボードに近いはずです。そんな時には
無線機本体にハンカチなどの遮光性のあるものを1枚かけておくのも有効です。
ほんのひと手間かけることで無線機の保護をすることができます。