■ JARL会員数が27年ぶりに前年度比増加

JARLでは、これまで、組織基盤の強化として会員増強活動に積極的に取り組み、地方本部・支部による会員増強企画や、入会者や現会員に向けた各種キャンペーンの継続、関係団体・企業などとの連携強化、さらに、アマチュア無線やJARLの活動についての積極的なPRなどを推進してまいりました。これらの施策が着実に実を結び、コロナ禍によるハムフェアをはじめとした各種催事の中止や延期にもかかわらず、会員数の漸減傾向が確実に改善し、このほど、令和2年度末(令和3年3月7日現在)の会員数が65,788名と、前年同期比で574名増加したとの発表がありました。会員数の増加は平成6年以来、実に27年ぶりとなります。